【まとめ】大豆イソフラボン子大豆もやし:機能性表示食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

大豆イソフラボン 

大豆イソフラボン子大豆もやし の特徴・効果

緑豆もやしとは異なり、大豆を発芽させたものが大豆イソフラボン子大豆もやしです。
もやしのシャキシャキ感と子大豆のコリっとした食感が同時に楽しめます。
スープや鍋物との相性がとても良くナムルや旦々スープなど辛味系のレシピと良く合います。
緑豆もやしには、含まれていない〝大豆イソフラボン〟が大豆イソフラボン子大豆もやしには、含まれているといます。
大豆イソフラボンは化学構造が女性ホルモンの「エストロゲン」に似ているため、同じような働きをすることがわかっています。
女性ホルモン(エストロゲン)は婦人科系のみならず、美容から脳の働き、骨の健康まで大きくかかわっています。
女性ホルモン(エストロゲン)が減少すると、皮膚や骨が衰え、生活習慣病などのリスクが高まります。

商品ページはこちら

届出番号 A80
食品区分 【栄養補助食品】
生鮮食品
機能性関与成分名 大豆イソフラボン
表示しようとする機能性 本品には大豆イソフラボンが含まれます。大豆イソフラボンは骨の成分を維持する働きによって、骨の健康に役立つことが報告されています。
会社名 株式会社サラダコスモ
(その他の機能性表示食品)
一日当たりの摂取目安量  200g
一日当たりの摂取目安量 当たりの機能性関与成分の含有量 大豆イソフラボン 56mg (アグリコン換算) 36mg
想定する主な対象者 健康な成人男女 特に 40 歳~70 歳の更年期以降の女性
資料作成日 2015年07月31日
販売開始予定日 2015年10月07日
安全性の評価方法 ・食経験の評価により、十分な安全性を確認している。
・安全性に関する既存情報の調査により、十分な安全性を確認している。
機能性の評価方法 ・最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価している。
摂取する上での注意事項
消費者庁(届け出詳細内容)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加