生でも加熱でも!玉ねぎの健康効果は変幻自在!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

玉ねぎ画像

カレーやハンバーグ、サラダ等の様々な料理に使うことができる万能の野菜、玉ねぎ。
そんな玉ねぎを包丁で切ると、涙がポロポロ・・・。「どうして玉ねぎを切ると涙が出るの?」と疑問を抱いたことがある方も多いでしょう。

第一の健康成分 アリシン!ポイントは「生食」

この涙を誘発させる原因は、玉ねぎに含まれるアリシンという成分です。硫化アリルと呼ばれることもあるこのアリシンは玉ねぎの香りの元で揮発性が高く、催涙効果があるため、目に入ることによって涙が出てしまうのです。
でも、このアリシン。実はとても健康に良い成分なんです。血液をサラサラに、疲労回復を促進、生活習慣病や感染症の予防、ビタミンB1の吸収補助等、アリシンには様々な効果が!「涙が出るなんて厄介な成分……」なんて感じるかもしれませんが、とても見どころの多いものなんです。「良薬口に苦し」といいますが、この場合は「良薬鼻に辛し」でしょうか。

水に浸したり、加熱するとこのアリシンは減少してしまうため、切る時に涙は出にくくなりますが、健康効果も減少してしまうので要注意!これらの効果を期待したい場合には、生でそのまま食べるのが一番です。

第二の健康成分 トリスルフィド・セパエン

この玉ねぎを加熱すると、トリスルフィドやセパエンという成分に変質します。玉ねぎを加熱して甘く感じられるのは、これらの成分のおかげです。加熱時間によって変化し、短い加熱ならトリスルフィド、長時間の加熱ならセパエンが生まれます。どちらもコレステロールや中性脂肪を減少する効果があり、生活習慣病の予防としても効果的な成分です。

第三の健康成分 ケルセチン

また、玉ねぎの皮の部分にはケルセチンというポリフェノールの一種が含まれています。活性酸素の除去や、抗アレルギー作用等の効果があり、これもとても健康に良い成分です。ただ、ケルセチンが多く含まれるのは玉ねぎの皮。皮をきれいに洗って煮出してお茶にして摂取することも可能ですが、ちょっと大変・・・。ケルセチン配合のサプリメント等もありますので、そちらをオススメします。

このように、玉ねぎは調理の仕方で有効成分が変化するのが特徴です。そのため、「どんな効果を期待したいのか?」それを明確にした上で、適切な調理をしてみると良いでしょう。玉ねぎは色々な食材と相性抜群なので、様々な料理に使うことができます。味付けや食感を変えることができるため、長く食べ続けたい時にもとても便利な食材です。健康に良くて美味しい!しかも安くて日持ちする!そんな玉ねぎの魅力をもっと実感したいのならば、毎日の食卓にプラスして並べてみると、家族をより健康にすることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加