【まとめ】ほっと食事の生茶:機能性表示食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ほっと食事の生茶パッケージ

ほっと食事の生茶の特徴・効果

「ほっと食事の生茶」は、難消化性デキストリンを配合した、ホットでおいしく飲める本格緑茶です。食物繊維である難消化性デキストリンは、「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収をおだやかにする」「おなかの調子を整える」という3つの機能を持っています。
コールド品「食事の生茶」のお茶本来の香ばしい甘みを感じる、食事に合う味わいは残しつつ、ホットの緑茶の味覚に合わせて茶葉感をアップしました。
「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収をおだやかにする」「おなかの調子を整える」という3つの機能を持つ難消化性デキストリン(食物繊維)を配合した本格緑茶です。

こんな方にオススメ
・脂肪の多い食事を摂りがちな方
・食後の血糖値が気になる方
・おなかの調子をすっきり整えたい方

届出番号 A93
食品区分 【栄養補助食品】
加工食品:その他
機能性関与成分名 難消化性デキストリン(食物繊維)
表示しようとする機能性 本品には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれます。難消化性デキストリンは、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させるとともに、糖の吸収をおだやかにするため、食後の血中中性脂肪や血糖値の上昇をおだやかにすることが報告されています。さらに、おなかの調子を整えることも報告されています。本品は、脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後の血糖値が気になる方、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した飲料です。
会社名 キリンビバレッジ株式会社
(その他の機能性表示食品)
一日当たりの摂取目安量 お食事の際に1 本(345ml)、1 日1 回を目安にお飲みください。
一日当たりの摂取目安量 当たりの機能性関与成分の含有量 機能性関与成分名:難消化性デキストリン(食物繊維として)
含有量:5g
想定する主な対象者 ・脂肪の多い食事を摂りがちな方
・食後の血糖値が気になる方
・おなかの調子をすっきり整えたい方
資料作成日 2015年08月07日 2016年01月06日
販売開始予定日 2015年11月10日
安全性の評価方法 ・食経験の評価により、十分な安全性を確認している。
・安全性に関する既存情報の調査により、十分な安全性を確認している。
機能性の評価方法 ・最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価している。
摂取する上での注意事項 ・多量に摂取することにより、疾病が治癒するものではありません。飲みすぎ、あるいは体質・ 体調により、おなかがゆるくなることがあります。
消費者庁(届け出詳細内容)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加