【まとめ】大麦効果:機能性表示食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

大麦効果

大麦効果の特徴・効果

いつものごはんにプラスして、ごはんを食べて体感できる2つの効果が期待できます。
1.コレステロールを下げる
2.腸内環境を改善する
もち性の大麦を米粒状に加工してあるので、毎日無理なく続けて頂けます。また、冷めてもごはんが固くなりにくいです。

商品ページはこちら

届出番号 A100
食品区分 【栄養補助食品】
加工食品:その他
機能性関与成分名 大麦β-グルカン
表示しようとする機能性 本品には「大麦β-グルカン」が含まれます。大麦β-グルカンには、コレステロールを下げる機能、腸内環境を改善する機能があることが報告されています。
会社名 株式会社はくばく
(その他の機能性表示食品)
一日当たりの摂取目安量 1袋(60g)
一日当たりの摂取目安量 当たりの機能性関与成分の含有量 機能性関与成分名:大麦β-グルカン
含有量:3g
想定する主な対象者 コレステロールが気になる人(疾患に羅患していないが、LDL-コレステロール140mg/DL未満の血中コレステロール値が高めで気になる方) ・腸内環境が気になる人(腸内環境を良くしたいと考えている方)
資料作成日 2015年08月19日
販売開始予定日 2015年11月11日
安全性の評価方法 ・食経験の評価により、十分な安全性を確認している。
機能性の評価方法 ・最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価している。
摂取する上での注意事項 ・本品は、多量摂取あるいは体調・体質によりお腹がゆるくなることがあります。一日の摂取目安量を守ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加