薬効野菜の玉ねぎ!その効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

玉ねぎ

たまねぎは、薬効野菜の一つ

昔からたまねぎは、薬効のある野菜の一つとして、知られている野菜の一つです。古代エジプト時代に、ピラミッド建設に従事していた人達が、滋養強壮の食材として、たまねぎを栽培いていた記録が残っています。

また、ヨーロッパでは長寿薬として、アジアでは発汗,殺菌,利尿剤などに使われてきました。最近では、抗酸化作用があることや、血液をサラサラにする効果があることで、注目されている食材ですね。

たまねぎに含まれる栄養

・炭水化物 ・食物繊維 ・ビタミンB類 ・ビタミンC ・葉酸 ・カルシウム ・鉄分 ・カルシウム ・リン ・カリウム  など

上記の成分を見ていただくとお分かりだと思いますが、たまねぎは、ビタミンとミネラルおよび葉酸を含みますので、妊娠中の女性に嬉しい優秀な食材です。たまねぎは、水にさらすと栄養が減りますので、できるだけそのままで食べたい食材ですね。

たまねぎの健康・美容の効果

・ダイエット効果: たまねぎには、発汗や脂肪燃焼を促す効果があるため、肥満
防止やダイエットに有効なのです。

・高血圧,動脈硬化,脳梗塞予防効果: 血栓を溶かして血行を促進し、悪玉コレステロールを減らす効果がありますので、血管系の病気予防に、効果を発揮してくれます。

・美容・アンチエイジング効果: たまねぎの持つ抗酸化効果作用が、体のさびを防いでくれるため、お肌の調子を整えてくれ、アンチエイジングに効果を発揮してくれます。たまねぎは、美を追求する女性に、嬉しい優秀な食材ですね!

・疲労回復効果: たまねぎに含まれる硫化アリルが、ビタミンB1の吸収を促進してくれます。疲労感のあるときや、不眠に悩んでいるときには、豚肉とたまねぎを一緒に摂取すると、より効果的に疲労回復に功を奏しますよ!

・加齢臭の予防: 疲労回復や血流改善が、加齢臭予防に繋がります。加齢臭は、体の内側から改善するしかありませんので、たまねぎは加齢臭予防に適した、優秀な食材といえます。

常備野菜たまねぎを、毎食取り入れよう!

今回ご紹介した他にも、たまねぎには、骨粗しょう症改善やアレルギーにも、驚くような効果を発揮してくれます。百薬の長「たまねぎ」は、常備野菜としてどこの家庭にもあるものですよね。4月~5月は、新たまねぎが出る時期です。新たまねぎは、辛味がなくそのまま食べられますので、旬のたまねぎを毎食取り入れて、生活習慣病とは無縁な生活を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加