危険!夏の紫外線から、頭皮・毛髪を守れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

chibo-578864e842212

夏になると、日焼けが気になりますよね。でも、多くの人が気にしているのは肌への影響。しかし、実は髪や頭皮も日焼けによってダメージを受けるのです。

髪の毛が日焼けするとどうなるの?

大量の紫外線を浴びると、髪をつくっているたんぱく質が変化し、キューティクルがはがれやすくなります。キューティクルは髪の毛のツヤや柔軟性を保つ上で重要なもの。キューティクルを失った髪は、パサパサ・ゴワゴワになってしまいます。また、髪の毛の強度がおちるので、切れ毛や枝毛の原因になってしまいます。

頭皮が日焼けするとどうなるの?

頭皮も肌と同じように、日焼けをすることで乾燥や炎症をおこしやすくなります。赤くなって、ヒリヒリと痛んだり、皮がむけたりします。髪の毛を作り出す毛母細胞がダメージを受けると、抜け毛や薄げの原因になることも・・・。

髪・頭皮も日焼け対策を

①日光を浴びなければよいので、一番は帽子をかぶることです。最近ではUVカット機能がついたものも多くなっています。種類も豊富で手頃な値段から購入できます。また、コーディネート上、帽子をかぶりたくない場合はUV機能のついた日傘をさすのもオススメです。

②最近では、髪・頭皮の日焼けを防ぐ「UVカットスプレー」も多く登場しています。海水浴やプールなど、帽子や日傘がNGな場合にオススメです。

③いつも同じ分け目だと、特定の場所に多く紫外線を浴びてしまい、ダメージが集中します。ですので、たまには分け目を変えることをオススメします。

日焼けをしてしまったら?

頭皮がヒリヒリしたり、真っ赤に炎症をおこしていたら、まずは冷やしましょう。冷たいシャワーを浴びたり、保冷剤や氷のはいった袋などを頭にのせておくてよいでしょう。また、ミストタイプの化粧水などで、頭皮を保湿することも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加