目の下のクマをとるセルフケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

目元の画像

睡眠不足じゃないのに!クマがとれないのは何故?

目の下にクマがあると、機嫌が悪そうに見えたり老けて見えたりします。クマが気になる場合は睡眠時間を増やす人が多いのではないでしょうか。睡眠不足はクマの原因であるとよく言われますよね。しかし睡眠不足を解消しても、クマがとれないことは珍しくありません。
どうしてクマはとれないのでしょうか。それは寝不足以外にも原因があるからです。目元の血流が悪い場合にもクマは生じます。目元の皮膚は非常に薄く、その下には多くの毛細血管があります。血液循環が滞っていると毛細血管が透けて青く見えるのです。
様々なことが原因で目元の血流は悪くなります。例えば、パソコンやスマホの使い過ぎによる目の疲れも原因の一つです。冷え性やストレスによっても血流が滞ります。これらが原因の場合、いくら睡眠時間を増やしても、クマは取れないので注意しましょう。他の対策を行わなければなりません。

目元ツボ押し

ツボを押して目の疲れを解消!

目の疲れが原因でクマができている場合は、目元のツボを押すのがオススメです。目の疲れに効くツボはいくつかあります。代表的なのは目頭の凹んだ部分にあるツボです。目が疲れたときに無意識に押している人も多いのではないでしょうか。鼻筋をつまむ手の形で押すのがポイントです。
その上の眉頭にも目の疲れに有効なツボがあります。眉頭から僅かに眉間側に出た部分です。左右のツボに両手の親指をそれぞれ当てて、持ち上げるように押す良いでしょう。目の疲れをとるだけでなく、眠気を解消する効果もあります。
また眉の中央にもツボがあります。目の疲れの解消のほかに、頭痛や老眼を予防する効果もあるといわれています。他のツボより刺激を感じやすい場所なので、力を入れすぎないように指の腹でそっと押しましょう。

目元アップ

目元を温めて血流を良くしよう!

理容院や美容院で目元に蒸しタオルを当ててもらった経験がある人は多いでしょう。蒸しタオルを外すと目元がスッキリしたように感じますよね。それは目元の血流が良くなったからです。目を温めることによって血流を改善できます。
家で目元を温める場合も、蒸しタオルを使うと良いでしょう。水気を含ませたタオルを電子レンジで温めてください。それを少し冷ましてから、目元に当てて数分間待ちます。蒸しタオルの上からマッサージをするとさらに効果的です。強く擦ると肌が荒れたり、目に負担がかかったりするので気を付けましょう。また、温かいスチームが出る美顔器を使用するのもオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加