失明のリスクも!?加齢黄斑変性症の原因と予防対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

目をおさえる弾性

加齢黄斑変性症になる確率と失明リスク

失明に至る病と言えば、緑内障や糖尿病などが知られています。それに対して、意外と認知度が低いのが、加齢黄斑変性症です。これは、網膜の中心部にある黄斑に異常が発生する病気で、アメリカでは失明原因の第1位になっています。日本では比較的少ない病気とされてきましたが、高齢化や食事の欧米化などによって増加し、現代では失明原因の上位に位置しています。そして、女性より男性の発症率が高いのが特徴です。
失明とは言いましたが、視力を失うのは網膜の中心部だけなので、この病気だけで完全に何も見えなくなるわけではありません。ただし、重度の場合には、車の運転や読書ができなくなります。完全に見えなくなるわけではないものの、正常な社会活動を行えなくなることから、この症状は社会的失明と呼ばれています。

目頭をおさえる女性

加齢黄斑変性症の原因とルテイン摂取量の関係

この病気の原因には、萎縮型と滲出型の2種類があります。前者は加齢によって徐々に黄斑が老化していく現象で、症状の進行は緩やかです。それに対して、後者は、視細胞が剥がれ落ちてできるドル―ゼンと呼ばれる老廃物が溜まることが引き金となり、急速に症状が悪化していきます。
まず、黄斑の部分にドルーゼンが溜まると免疫反応によって炎症が生じるのが、滲出型の第1段階です。炎症を鎮めるためにはそこに栄養を送らなければならないので、新たに血管が作られます。その血管が黄斑を圧迫すると視界が歪んできます。そして、新しい血管は非常にもろいので、簡単に破裂して失明へと至るのです。
そんな加齢黄斑変性症の予防に有効なのが、ルテインの摂取です。ルテインは水晶体と黄斑の主成分で、紫外線やブルーライトによって発生する活性酸素から眼を守っています。ところが、この成分は体内では生成できないので、摂取量が少ないと活性酸素の攻勢に耐えきれず、眼の内部が傷つけられ、ドル―ゼンが過剰に発生する要因にもなります。逆に、言えば、ルテインをたっぷり摂ることで、目の健康を保ち、黄斑の老化も遅らせることができるのです。各種の研究でも、ルテインの摂取量が少ないほど、加齢黄斑変性症のリスクが高いという結果がでています。
ちなみに、予防対策の場合、1日の摂取量の目安は6~12mg程度ですが、病気の疑いがある場合は20mg以上摂取した方がよいと言われています。

野菜の画像

ルテインを多く含む食材と最新の治療法について

ルテインは、カボチャ、ブロッコリー、レタス、グリーンピース、ニンジンなどに含まれ、特に、含有量が多いのがほうれん草です。100g中に10mgのルテインが含まれているので、簡単に1日の適量を摂取することができます。
また、加齢黄斑変性症の治療法ですが、萎縮型に関しては、未だ治療法は確立されていません。その反面、滲出型は医学の発展にともない治療技術が大きく向上しています。従来の方法は、レーザー光線によって新しくできた血管を焼き固めるというものでした。ただし、正常な視細胞にもダメージを与えるため、視界の一部が黒くなるという欠点があります。これを改善したのが、PDT(光線力療法)です。光に反応する薬品を注射した上で、弱いレーザー光線を照射するというもので、患部周辺の組織をほとんど傷つけなくてすみます。その他にも、注射によって不要な血管を縮小させる抗VFG療法もあり、滲出型に関しては、治療法がかなり充実しています。ちなみに、日本人が発症する割合が多いのは、圧倒的に滲出型です。したがって、加齢黄斑変性症に対して過度に恐れる必要はありません。異常を感じたら、一刻も早く専門家に見てもらい、適切な治療を受けるのが1番です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加