充血の原因は目の疲れが原因!?充血ケアの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

目をこする女性

充血が起こるメカニズムと外部から受ける目の刺激

朝起きたら目が充血していて驚いてしまった、という経験のある人もいるかもしれません。この目の充血はどのような原因で起こるのでしょうか。予防や対策があれば知っておきたいところです。充血が起こる主な原因のひとつに目の疲れがあります。仕事で長時間パソコンに向かっているなどで目を酷使してしまうと、目はその疲れを回復しようとして必要な栄養素や酸素などを運ぶようになります。その際に目の血管が太くなり、血流量が増加することにより白目が赤く見えるのです。目の疲れ以外でも充血を引き起こす外的要因があります。ドライアイなどで目の表面が乾燥すると、目が酸素を取り入れようとして目の血管が膨張し、充血の原因になります。さらに、アレルギー体質の人は花粉や外部の有害な化学物質の粒子により、目がその物質を排除しようとする働きをします。その際に目の血量が増えるために充血の原因になることがあります。このように目は外部から様々な刺激を受けて充血してしまうのです。

日傘をさす女性

夏場は特に注意!紫外線の刺激と充血ケア

肌は日焼けをしないようにしっかり対策をしている人も多いかもしれませんが、実は目も日焼けをしています。目は無防備な状態で紫外線を浴びています。目の角膜を覆う涙腺が角膜を守る役割をしていますが、長時間強力な紫外線を浴び続けると角膜の表面が乾き、保護機能が働かなくなってしまいます。そのため、炎症を起こしてしまい充血の原因になります。急性で紫外線角膜炎という症状を引き起こすこともあり、目の痛みや充血を伴います。もし、長時間外にいて急に目の充血症状が現れたら、すぐに保冷剤やタオルなどで目を冷やすことが大切です。紫外線ケア専用の目薬もありますので、外出時には念のため持参するとよいでしょう。

目をおさえる女性

目の疲れと寝不足を回避して健全な眼を維持しよう

目は疲れを蓄積していきますので、単なる目の疲れとしてそのままにしておくと様々な目の病気を引き起こす原因になりかねません。目の充血も症状が現れたらすぐにケアをしないと、白内障などの原因になることもありますので注意が必要です。目の寿命を少しでも長く伸ばすためには、日頃のケアを継続していくことが身近な予防方法であり、かつ最も重要なのではないでしょうか。まずはできることから始めましょう。目が充血する原因の一つに目の疲れがあるということを自覚し、睡眠をしっかりとり、目の疲れをその日のうちに解消しておくことが一番の対策なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加