ドライアイは眼病リスクを招く!?その原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

目頭をおさえる女性

ドライアイの概要と現代生活の環境リスク

ドライアイは目の乾燥によって生じる病気です。最初は目に違和感を感じるようになり、視界がかすむなどの症状が現れます。症状が進行すると、視力が低下し、光をまぶしく感じるようになるケースが多いです。重症化すると、目に痛みを感じるようになり、結膜炎などの感染症にかかる可能性が高くなってしまいます。
現代生活では、パソコンやスマートフォンを日常的に使用している人が多いです。パソコンやスマートフォンの画面に集中していると、まばたきが減り、目が乾燥してしまいます。また、エアコンも目の乾燥を引き起こします。家や職場などで常にエアコンを使用している人も多いのではないでしょうか。現代生活では、パソコンやスマートフォンは必需品ですし、エアコンも欠かせません。しかし、それらはドライアイのリスクを高めることを認識しておきましょう。

目をこする女性

ドライアイの原因は涙の異常と涙液層の異常

涙の異常がドライアイの主な原因です。涙は泣いたときに出るだけでなく、普段から目の表面を覆っています。この涙の膜のことを涙液層といいます。涙液層の存在が、目の表面の乾燥を防いでいるのです。そのため涙液層の涙が不足していると、目が乾燥してしまいます。
涙液層が不完全な場合は、涙を補充しなければなりません。しかし涙に異常があり、分泌量が少ないと十分に補充できません。また、まばたきが少ない場合も補充できないので注意が必要です。涙は目の開閉動作によって、目の表面に行き渡るからです。涙液層の涙が不足している状態が続くとドライアイになる可能性が高くなってしまいます。

和食

ドライアイを防ぐ食生活と生活習慣

ドライアイは食生活に気を付けることで予防できます。ドライアイにはビタミンAとビタミンBが効果的です。ビタミンAは目の粘膜を保護するために使われ、レバーやほうれん草などに多く含まれています。ビタミンBは目の細胞を強くする効果があり、大豆や胡麻などから摂取できます。また、アントシアニンもドライアイ対策に効果的な栄養素です。これらの栄養素を多く摂取する食生活を心がけると、ドライアイの予防になります。
生活習慣の見直しもドライアイの予防に効果があります。パソコンやスマートフォンを使用するときは、定期的に休憩をとることによって、まばたきの減少を防げます。エアコンを使用する際は、加湿器を使って空気の乾燥を防ぐと良いでしょう。また、コンタクトも目の乾燥の原因になるので、長時間の装着は控えた方が良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加