近眼の概要とメカニズムを知る!改善と悪化予防のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

メガネを外すシニア男性

近眼になる仕組みと眼精疲労との関係性

近眼は眼球の形状などが原因となることもあるので、遺伝が原因のひとつになります。この先天的な近眼は、軸性近視とよばれ、眼球全体がラグビーボールのような形になっています。しかし、最近のスマートフォンやパソコンなどの普及により、眼精疲労を受けることが多くなり、眼精疲労に起因した近眼も多くなっています。目の構造の概要を紹介すると、目の奥には網膜があり、そこで画像情報を取得しています。網膜に画像のピントを合わせるには水晶体と呼ばれるレンズをコントロールする必要があります。水晶体は毛様体という筋肉にてコントロールが行われています。目を酷使するとこの毛様体の働きが悪くなり、水晶体をうまくコントロールすることができず、網膜に上手にピントを合わせられなくなります。それが、後天的な近眼の始まりになります。

カタログをみるシニア夫婦

後天性の近眼は水晶体が厚くなりすぎている!?

網膜にピントを合わせるにあたって、遠くのものを見るときは水晶体が薄くなり、近くのものを見るときには水晶体が厚くなるようにコントロールが行われます。水晶体のコントロールは毛様体により行われますが、通常毛様体に力を入れると、水晶体は厚くなり、力を抜くと水晶体は薄くなる特性があります。例えば、スマートフォンやパソコンなど近くのものを長時間見ていると、毛様体の緊張状態が続きます。そのため、毛様体が疲労により凝り固まってしまい、力が入りっぱなしになってしまうのです。結果、水晶体が厚い状態が維持され続け、上手に薄くすることができなくなり、遠くのものが見えづらいという症状が出始めます。これが、近眼へとつながるのです。

コンタクトをつける女性

近眼の人のNGな行動と悪化を予防する方法について

近眼を防止するには、近くのものを見続けないことや、暗い環境で細かいものを見ないことなどがあげられます。しかし、近眼になってしまった場合はどのような対策をとればよいのでしょうか?それは、適切に矯正を行うことです。具体的にはメガネをかけたり、コンタクトレンズを装着したりするのです。近眼の症状が出ているのに裸眼で頑張ってしまうと、目への負担が大きくなり、眼精疲労が進みさらなる近眼の悪化を招きます。とくに、ものがよく見えなくて、目を細めるような癖がついている場合は要注意です。目を細めなくても見えるように適切に矯正を行う必要があります。
近眼の悪化を予防するには、食生活の改善・生活習慣の改善、睡眠による疲労快復などがあげられます。目はビタミン類やたんぱく質が不足すると眼精疲労や眼性疾患を招きやすくなるため、栄養バランスは重要です。また、常にインドア生活をしていると近くのものを見ることが多くなり毛様体が緊張したままになります。たまには外に出て活動するなど毛様体をリラックスさせる生活習慣が必要です。また、目の筋肉や神経の疲れをリセットするためにも、適切な睡眠も大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加