目ヤニの有無で分かる病気リスクと予防対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

目をこする女性

目ヤニができるメカニズムと病気リスク

目ヤニは、俗に「目垢(めあか)」とも言われるように、その正体は老廃物です。例えば、まぶたや角膜などの古い細胞が剥がれ落ちたものや、目の中に入ったホコリやごみなどがあげられます。それらは粘液と混ざり、日中はまばたきした際に涙と一緒に流れて排出されます。睡眠中はまばたきをしないために目のふちにとどまって固まり、目ヤニになるのです。生理的な分泌物なので、健康的な人でも目ヤニは付きますが、量や色などに変化が見られたときは、眼病のサインの場合があるので注意が必要です。多かれ少なかれ毎朝目にするものなのでうっかり見過ごされがちですが、目ヤニの概要を知ることが予防や早期治療の開始につながるでしょう。

目をこする男性

目ヤニの状態と眼病の種類について

健康な人の目ヤニは目頭や目尻に乾いたものが少量つく程度ですが、炎症を起こしている場合は異なります。炎症を起こす主な原因は結膜炎です。結膜炎には、細菌性、アレルギー性、ウイルス性があります。もしも、黄色い膿のようなどろりとした目ヤニが出ていたら、黄色ブドウ球菌によって発症する細菌性結膜炎が疑われます。粘度が低い透明な目ヤニが大量に出るときは、今や国民病とも言われる花粉症や、ハウスダストなどによるアレルギー性結膜炎の可能性があります。一方、ウイルス性結膜炎では粘度が高く白色の目ヤニが出るのが特徴です。結膜炎以外では、コンタクトレンズの使用で透明な目ヤニの量が増える場合があります。目を守ろうとして涙の分泌が増えるのが原因です。一方、ドライアイも一時的に多量の涙が分泌されることがあり、異常な目ヤニの原因となります。

目薬をさす女性

目ヤニ対策の目薬選びと家庭内のエチケット

目ヤニの種類がわかれば、適切な目薬を選ぶことができるでしょう。細菌性結膜炎には、抗菌目薬が効果的です。原因となる細菌の増殖を防ぎ、症状を緩和します。花粉症の場合は、抗アレルギー成分が入ったものが効きます。痒みが酷いときには清涼感のあるものを使うと、スッキリして痒みが緩和する場合があります。市販の目薬での治療が難しいのがウイルス性結膜炎です。「はやり目」とも言われ、人から人へと感染します。その感染力は非常に強く、発症した人の登校が禁止される学校感染症の一つです。疑われる症状が出たときは速やかに病院へ行きましょう。家庭内でも感染者と同じタオルを使用しない、浴槽内の同じ湯を使わないなどの対策が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加