今注目の目に効く成分「ルテイン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

女性の目

概要

ルテインとは、黄緑色野菜などに含まれている「カロテノイド」と呼ばれる色素の一種です。植物が黄色やオレンジになる色の素であり、人間の体内にも存在しています。目や皮膚、子宮などにあることで、その組織を守る働きをしているのです。
植物の色素は、太陽光のエネルギーを受け止めて光合成を行ったり、紫外線などで発生した活性酸素を取り除くことで身を守ったりするために作られています。ルテインにもその仕組みは備わっていて、それが人間の体内ではすぐれた抗酸化作用として働き、目にとっても有用な効果を発揮するのです。
しかしルテインは人間の体内では作ることができず、食品などから取り入れる必要があります。また抗酸化作用により消費されてしまうので、意識して摂取し続けることが大切です。

性質

ルテインが目に及ぼす作用は、2つあります。1つは、有害な光を遮る働きです。特にブルーライトなどの、目に刺激の強い青系の光を吸収する効果が高いです。そしてもう1つは、体内にできた活性酸素を除去する作用です。
ブルーライトは短い波長の光で、直進する性質があります。エネルギーとしても強く、パソコンなどの人工的な光の中に多く存在します。目の中に入ると、波長が短いためにすぐ散乱するので疲れ目を起こしやすくなり、また水晶体を通過して網膜に到達し、活性酸素を作り出します。しかし目の中のルテインは、ブルーライトを吸収することで活性酸素ができるのを抑え、発生してしまった活性酸素も除去してくれます。二重の働きによって、目を守っているのです。

効果

ルテインが多く存在するのは、目では水晶体と網膜の中心である黄斑部です。水晶体は目のピントを合わせるレンズの役割を持ち、網膜はレンズが映した画像を受け止める非常に大切な組織です。水晶体が傷むと、ピントが合わせにくくなる、透明なはずのレンズが濁るなどの不具合が起きます。黄斑部にトラブルが起きれば、見るという機能自体に支障が発生しかねません。
トラブルが起こる原因は、加齢やストレス、不規則な生活などが重なり、目の中に活性酸素のような有害な物質が蓄積していくことが大きな要因となります。原因がわかっていても、仕事などが理由であれば、簡単には原因を取り除くことはできません。しかし、ルテインを食事やサプリメントで豊富に取って目に補充できれば、その分だけ目が受け続けるダメージを減らすことは可能となるのです。

含まれている食品

野菜

ルテインは黄緑色野菜に多く含まれ、ホウレンソウやブロッコリー、リーフレタスなどが代表として挙げられます。

オススメな人

パソコン

仕事でパソコンを使うなど、目を酷使している人や、ストレスが多い人に向いている成分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加