目にはブルーベリー!って言われてるけど、その理由知ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ブルーベリー

概要

ブルーベリーはツツジ科に分類される植物です。熟すと果実が青色になることから、そう名付けられました。日本では1950年代から栽培されており、健康食として多くの人に愛用されています。特に、目に良い効果があるというのを聞いたことがある人は多いでしょう。
ブルーベリーには、ビタミンEなどの多くの栄養素が含まれていますが、その中でも近年、注目を集めている成分がアントシアニンです。アントシアニンは目から取り入れた光を脳に伝えるロドプシンと密接な関係があり、ロドプシンの再合成を促進することにより、眼精疲労を回復します。その他にもアントシアニンには目に良い様々な効果があります。そのため日常的に疲れ目である人が摂取すると大きな改善効果を期待できます。

性質

ブルーベリーにはアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンは目の状態を健康に保つために欠かせない栄養素です。目から入った光は視神経を通じて脳に伝達されますが、そのときにロドプシンというタンパク質が使われます。もしロドプシンが足りないと光が脳に伝わらないため、目が見えにくい状態になってしまいます。眼精疲労により目のかすみや、物がぼやけて見えるのはロドプシンの欠如が原因なのです。ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、ロドプシンの合成を促進する性質があります。ロドプシンは光を脳に伝えると分解されてしまいますが、アントシアニンが十分にあると分解されたロドプシンは効率よく再合成されます。またブルーベリーには強い抗酸化作用もあります。

効果

目頭を押さえる女性

眼精疲労を回復させる効果があります。アントシアニンによってロドプシンの量が増えるので、目のかすみやピンぼけが改善するのです。また光の感受性も良くなるので、視力が良くなったり、暗所でも見えやすくなったりします。このように目の機能全体を改善する効果があるので、日常的に摂取することで目を健康な状態に保てます。また、アントシアニンは有害な光を遮る効果もあります。そのためブルーベリーを摂取することで、紫外線による目のダメージを防ぐことができます。その他にも、ブルーベリーは抗酸化作用を持つため、体内の活性酸素を除去する効果があります。これにより血流が改善するので、疲れ目を癒すための栄養素を運びやすくなる効果も期待できます。

含まれている食品

ジャムパン

そのままでも食べられますし、ジャムやスムージーにも良く使われています。

オススメな人

パソコンなどを日常的に使用していて、眼精疲労を感じている人にオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加