暗くなると見えにくい・・・ そんな人にはビタミンA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

サラダ画像

概要

ビタミンAは油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、「レチノール」「レチナール」「レチノイン酸」などの成分をまとめた呼び名です。人間の体内に存在するビタミンAのほとんどはレチノールになります。そのため、ビタミンA=レチノールとされることが多いです。
ビタミンAは免疫力の維持に関わる健康に欠かせない栄養素です。目の健康を維持する働きや肌の健康を維持する働き、発育を促進する働きがあります。さらに、のどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守ってくれます。ただし、ビタミンAを多く摂りすぎると、肝臓に蓄積し、不調を起こす原因になる恐れがあります。
また、ビタミンAは油に溶けると吸収率がアップします。揚げ物や炒め物にしたり、マヨネーズやドレッシングをかけたりすると、効率良く摂取することができます。

性質

ビタミンAは、水には溶けにくく、油には溶けやすいです。とてもデリケートな性質で、光や酸素、熱、酸によって壊れやすいため、長時間、直射日光にあてたり、加熱したりしないように、注意しなければなりません。しかし代表的なプロビタミンAであるβ-カロテンは、熱や酸には比較的強い性質があります。
ビタミンAは加熱調理により壊れたり、空気中の酸素によって酸化したりしてしまうため、食品に含まれるビタミンAを全て摂取できることはほとんどありません。調理方法などによって異なりますが、ビタミンAは食品のもともとの含有量の約1/2~2/3しか摂取することができません。
また、ビタミンAには過剰摂取による副作用が起こる場合がありますので注意が必要です。

効果

視力検査をする女性

ビタミンAは「目のビタミン」と呼ばれ、視覚・視力に深く関係していて、明暗を感じるのに必要です。
目の網膜には、「ロドプシン」という光の明暗を感じる物質があります。そのロドプシンの材料になっているのがビタミンAです。ロドプシンは暗い場所でもわずかな光に反応し分解され、同時に刺激が脳に伝わることでモノを見ることができます。ロドプシンは壊れても再合成しますが、ビタミンAがないと再合成できません。そのため、ビタミンAが不足すると、夜盲症という、暗い場所でなかなか目が慣れないといった病気になってしまう恐れがあります。また夜盲症にはならなくても、ドライアイ(眼球乾燥症)や視力低下につながってしまいます。そのほか、色を見る力が弱くなってしまうこともあります。

含まれている食品

10_3ビタミンA

レバー、うなぎ、いか、卵、バター、緑黄色野菜など

オススメな人

視力維持をしたい人、夜盲症やドライアイが気になっている人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加