アスタキサンチン、実は美容以外にも嬉しい効果が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

かにの剥き身

概要

アスタキサンチンは、エビやカニなどの体内にある赤い色素です。過酸化反応や紫外線から体の組織を守る機能があります。同様の働きをする成分は他にも存在しますが、アスタキサンチンは脳や目の中でも機能する点において、とても貴重であるといえます。
アスタキサンチンは健康面や美容面において優れた効果があるので、近年注目を集めています。持久力向上や疲労回復促進などの多くの働きがありますが、特に目の機能を改善する役割が大きいです。水晶体の調節機能を正常化したり、白内障を予防したりすることにより、目を健全な状態に保てるのです。また、目を光の障害から保護する役割も果たします。脳の血管の状態を良くする作用もありますが、これらはアスタキサンチンの活性酸素を除去する働きによるものです。

性質

アスタキサンチンは赤い色素で、カロテノイドの仲間です。分類上はキサントフィル類に属します。摂取すると、脳や目の細胞に直接作用するという特徴があります。トマトのリコピンのように抗酸化作用を持っていることも大きな特徴です。この作用により血液中の脂質の活性酸素を抑制し、血管の状態を良好に保つ性質があります。免疫力を高めることにも繋がり、近年では癌細胞が増えるのを抑制する働きも期待されています。
ビタミンCにも同様の性質がありますが、水溶性であるため短時間で体外に排出されてしまいます。しかし、アスタキサンチンは体内に留まる性質があるため、長時間にわたって抗酸化作用を継続させられるのです。また、脂質の過酸化を抑制する性質もあるので、肝臓の慢性炎症を抑えるのにも有効です。

効果

ものを見ているときは、目から入った光の情報は網膜上で結像しています。その際、水晶体の厚みを変えてピントを合わせる働きをするのが毛様体筋です。目が疲労しすぎて毛様体筋が正常に動かなくなると、水晶体の厚みを調整できなくなり、視界が常にぼやけてしまいます。アスタキサンチンは毛様体筋に作用することにより、その働きを正常化します。これにより、視界がぼやけるのを防げるのです。
またアスタキサンチンには、白内障や加齢黄斑変性症を予防する効果もあります。目が紫外線を浴びると活性酸素が増え、老化が早まってしまいます。その結果、白内障や加齢黄斑変性症になる可能性が高くなるのです。アスタキサンチンには活性酸素を除去する働きがあるので、それらの予防に繋がります。

含まれている食品

焼き鮭シャケや甲殻類、海藻類などに多く含まれています。

オススメな人

目のかすみなどの眼精疲労を感じている人にオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加