疲れが取れない?そんな時はビタミンB群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

目元を押さえる女性

概要

ビタミンB群には8種類のビタミン(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)があり、互いに協力関係を保ちながら様々な物質の代謝に関わっています。いずれも水溶性のビタミンで、体内で使われなかった分は尿などから体外に排出されてしまうため毎日摂取しなければなりません。ビタミンB群は炭水化物をはじめとする三大栄養素を代謝しエネルギーを産出、また体内の酵素を補助する働きを持つので生命活動には欠かせない栄養素です。そのためビタミンB群が不足すると疲労やめまいなど様々な身体症状を引き起こしてしまいます。また8種類それぞれに特徴があり、互いに補完しあっているので単体ではなく複合体で摂取する方が効率よく身体の中で働いてくれます。

性質

8種類あるビタミンB群はそれぞれ身体にとって重要な働きがありますが、全てに共通しているのは代謝反応を促進させる補助的な酵素として働いているという点です。糖質、たんぱく質、そして脂質が体内でエネルギーになるのを助けています。またアルコールの分解にも必要なビタミンなので、子供から大人まで積極的に摂取する必要があるでしょう。
そんなビタミンB群は現代人の食生活において不足しやすい栄養素の1つと言われています。理由としては食事の変化に伴うもので、加工食品が多く食卓に並ぶようになったためです。ビタミンB群は光に弱く水に溶けやすいという性質があるため、食材が加工されるとその過程で多くが失われてしまうからです。またストレスや不規則な生活によってその消費量が増えていることも理由として挙げられます。

効果

ビタミンB群にはそれぞれ身体にとって大事な健康効果が期待されます。例えばB1は糖質がエネルギーに変わる際に必要な栄養のため、不足するとエネルギーが十分に作られなくなり疲労物質が体内に溜まりやすくなってしまいます。ビタミンB2とB6は身体の成長をサポートする働きがあるため、しっかりと摂取していれば健康な皮膚や髪、歯、爪を作ることができます。ビタミンB2とB6の不足は口内炎や目の充血、肌荒れを引き起こします。またビタミンB12は葉酸と協力して血液中の赤血球が作られるのを助ける働きがあります。そのため貧血の人は積極的に摂取したいビタミンです。またナイアシンとビオチンには皮膚と髪の健康を保つ効果、パントテン酸にはエネルギー生成効果など、ビタミンB群には様々な効果があります。

含まれている食品

ステーキ

肉や魚、卵、豆類、乳製品に多く含まれます。

オススメな人

疲れが取れにくい人、エネルギー不足の人などパワーが必要な人にオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加