目の健康に欠かせない!亜鉛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

16_1「亜鉛」

概要

亜鉛は人間が活動するために必要な、たんぱく質や核酸の代謝の過程で働く酵素の構成成分として欠かすことのできないミネラルです。人間の体内にはおおよそ2グラムあり、血液や皮膚、粘膜に多く存在しています。体の部位別の亜鉛量を見ると、脳に53グラム、目の粘膜に464~561グラム、筋肉には197~226グラムとなっていて、目の粘膜に多いことがわかります。このことから目の健康には亜鉛が必要不可欠だということがうかがえます。体の中で生産されるものではないため、ミネラルの中でも不足しがちな栄養素のひとつです。もし目が疲れているなどと感じたときは亜鉛が不足しているサインかもしれません。目の粘膜の働きを低下させないためにも、ふだんから意識して摂取する必要があります。

性質

ハンバーガー

亜鉛は食べ合わせによっては身体に吸収されにくくなるという性質があります。そのため食べ合わせには十分気を付けなければいけません。特に気を付けたいのはファストフードやインスタント食品です。これらには亜鉛の吸収を妨げるリン酸塩などの食品添加物が含まれています。目の粘膜などの健康維持のためにも加工食品ばかりの食事はしないようにしたいものです。さらに、穀類や豆などの植物性食品に含まれるシュウ酸、食物繊維は腸管で亜鉛と結合して吸収率を低下させるので、これらの摂りすぎにも注意しなくてはなりません。反対に、亜鉛はビタミンCと一緒に摂取することで吸収しやすくなるため、多くの亜鉛を含む牡蠣にレモン汁を絞って食べるのはふさわしい食べ合わせのひとつだと言えます。

効果

亜鉛には、味覚を保つ、抜け毛を予防する、生殖機能の維持、二日酔い予防などの効果がありますが、目の健康に関しては成長を促進する効果に関わってきます。目は細胞の生まれ変わりが盛んな部位になります。新しい細胞を作り出すとき、設計図である遺伝子の情報をコピーし、それをもとにたんぱく質を合成しています。この働きは亜鉛が構成成分となっている酵素によって進められます。そのため、亜鉛が不足すると、新しい細胞がうまく合成されないことも考えられます。また、目の粘膜には多くの亜鉛が含まれているので、目の健康の維持には亜鉛を欠かさないようにしなければいけません。細胞が生まれ変わることによってわたしたちの健康が保たれています。それを促すためにも食品やサプリメントで亜鉛をとることをおすすめします。

含まれている食品

牡蠣

牡蠣、ほたて、かになどの魚介類、豚レバーや牛肉などの肉類、玄米ごはん、納豆、卵

オススメな人

目の健康を維持したい人、味覚を正常にしたい人、抜け毛を予防したい人、生活習慣病を予防したい人、活力をつけたい人、お酒をよく飲む人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加