プリフェノールたっぷり!クランベリーの効果とは・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

クランベリー

概要

クランベリーは、アメリカ、アジア、ヨーロッバの北部の寒冷地に生息し、北米では三大フルーツと言われるほどなじみのある果実です。名前の由来はクランベリーの実が鶴の好物だからとも、花の様子が鶴(クラン)に似ているからとも言われており、花が咲いた後には可愛らしい小さな赤い実をつけます。甘くおいしそうな実ですが、クランベリーは酸味が強く生で食べるよりも、ジュースやソース、シロップ漬けなどにして食します。
クランベリーはポリフェノールを豊富に含んでおり、ブルーベリーやビルベリーと同じように目の健康に効果があるといわれています。また、クランベリーには、プロアントシアニジンという成分が含まれていて、腎臓の機能を活発にするほか、抗炎症作用や抗酸化作用を持っています。

性質

もともとクランベリーはアメリカの先住民族の医薬品替わりとして役立てられていました。当時クランベリーは、傷の治療、肝臓の不調、熱、下痢、泌尿器系の不調などに使われており、その後の研究によって歯周病への抗菌作用も認められるようになりました。
クランベリーには、プロアントシアニジンというポリフェノールの一種である成分が非常に多い割合で含まれています。クランベリーのプロアントシアニジンは、他の食品に含まれているものよりも強力で含有量も多く、また抗酸化作用が強いためその効果は多岐に渡ります。
クランベリーにはその他にも、ビタミンCやキナ酸、フラボノイド、アルブチン等の成分も含まれており、健康や美容に効果が期待できます。

効果

・むくみ
クランベリーのプロアントシアニジンが、腎臓の機能を改善し、むくみを解消します。
・歯周病
プロアントシアニジンの強力な抗酸化力で、歯周病菌の増加を防ぎます。
・美肌
クランベリーに含まれるポリフェノール、ビタミンCが肌の状態を健康に保ちます。また、美容成分アルブチンがメラニン色素の生成を妨げることにより、シミ、そばかすを防ぎます。
・尿路感染症
クランベリーに含まれるキナ酸は肝臓で代謝され馬尿酸に変化をします。この馬尿酸が、尿のpHを健康な状態へと戻してくれるため、菌の増殖を防いでくれます。

含まれている食品

クランベリージュース

クランベリージュース、クランベリーのドライフルーツ、クランベリーのサプリメント。

オススメな人

目の疲れ、かすみ、ぼやけが気になる人、むくみが気になる人、トイレが近い、回数が多い人、歯周病予防をしたい人、生活習慣病が気になる人、美肌を目指したい人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加