「ノンシリコンシャンプーだから安心」と思っているあなたは要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

シャンプーする女性の写真

数年前から流行りだした「ノンシリコン シャンプー」。でも、きちんと内容を理解している人も少ないのでは?!
しこで、今回は「シリコンって何?」「ノンシリコンならなんでもいいの?」の疑問に答えます。

今、ノンシリコンシャンプーが注目される理由

シリコンとはコーティング剤の一種で、髪に皮膜をつくり指通りをよくする性質があります。その点を指摘して、数年前からシリコン入りシャンプーの批判の声が高まってきています。
つまり、「髪に皮膜をつくるシリコンは有効成分の浸透を妨げ、地肌の毛穴に詰まるから、頭皮や髪に良くない」という発想ですね。

これが、今「ノンシリコンシャンプー」が注目されている理由です。なぜそもそもシャンプーにシリコンを配合するのでしょうか?

シリコンに頼らざるを得ない低価格シャンプー

シャンプーにシリコンを配合する理由は、実は「ラウレス硫酸」などの強力な洗浄成分にあります。少量でもよく泡立ち、とにかく安価なので、低価格のシャンプーにはたっぷり配合されています。
しかし、それらは洗浄力・脱脂力が強く、髪や頭皮の必要な潤いまで奪ってしまうため、それを隠すためにシリコンをはじめとするコーティング剤を配合せざるを得ないのです。

では、シリコンを必要としないシャンプーはつくれるのでしょうか?

配合技術によって、指通りの良さは実現可能

シャンプーの目的は汚れを落とすこと。したがって、シャンプーにシリコンなどのコーティング剤は本来必要ないのです。実際、アミノ酸系やベタイン系などのマイルドな洗浄成分を中心にうまく組み合わせれば、価格は高くなるが、十分な洗浄力があり指通りの良いシャンプーをつくることは可能なのです。

ただ、それだけで「やっぱりノンシリコン・シャンプーがいいのね」と思うのはまだ早い!

「ノンシリコン」の言葉に隠された真実!知らないと損するシャンプーの正しい選び方

ノンシリコンという言葉のマジックに気をつけなければいけません!コーティング剤は、シリコンだけではありません。

安価なシャンプーから単にシリコンをカットすると、問題となるのが手触りの悪さ。そのため、シャンプーはノンシリコンでも、セットで購入をすすめるコンディショナーはシリコン入りの場合も・・・。
さらに問題なのは、シリコン以外のコーティング剤を配合して「ノンシリコン」を謳い、あたかもコーティング剤を使っていないかのように宣伝している場合もあります。

大切なのは、コーティング剤不使用のシャンプー&コンディショナーをセットで選び、髪を本来の状態にリセットすることです!

シリコンで毛穴が詰まるは本当か?!

化粧品にも使用されるほど安全性の高いシリコンが、本当に悪者なのでしょうか?実は、シリコンが「地肌の毛穴に詰まって頭皮に悪い」ことを示す学術論文は存在しません。シリコン入りシャンプーを多数販売する大手メーカーも、シリコンによる髪や頭皮への悪影響を否定しています。

つまり、シリコン=悪という説は根拠が薄いのです。
確かに汚れを落とすためには不要ですが、毛髪保護やツヤ出し、指通りをよくする目的であれば、シリコンは有用な成分なのである。ノンシリコン・シャンプーの宣伝は、表現が過激な場合も・・。

従来のシャンプーの多くはシリコンが配合されているので、シリコンを「悪者」扱いすることでノンシリコンの良さをアピールしているのでしょう。

結論

シリコン自体が悪い影響を及ぼすと心配する必要ないかなと思います。ただ、シリコンは髪や頭皮を根本的に解決してくれる訳ではありません。あくまで、ツヤ出しや指どおりをよくするだけのモノです。
髪の傷みや頭皮のケアをしたいという方はシリコンをはじめとした、コーティング剤不使用の商品を購入しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加