食事の生茶 まとめ:機能性表示食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

食事の生茶画像

食事の生茶の特徴

史上初のトリプル機能
・脂肪の吸収を抑える・おなかの調子を整える・糖の吸収をおだやかにする
難消化性デキストリンがあると、胆汁酸ミセルが安定し、体内への脂肪の吸収が抑えられる
難消化性デキストリンがあると、腸の働きが活発になる
難消化性デキストリンがあると、糖質が緩やかに吸収されるので食後の血糖値が緩やかに上昇
甘みある茎茶をブレンドし、香ばしくスッキリとした食事にあう本格緑茶

商品ページはこちら

届出番号 A2
食品区分 【栄養補助食品】
加工食品:その他
機能性関与成分名  難消化性デキストリン
表示しようとする機能性 本品には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれます。  難消化性デキストリンは、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排 出を増加させるとともに、糖の吸収をおだやかにするため、食後の血 中中性脂肪や血糖値の上昇をおだやかにすることが報告されていま す。さらに、おなかの調子を整えることも報告されています。  本品は、脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後の血糖値が気になる 方、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した飲料です。
会社名 キリンビバレッジ株式会社
(その他の機能性表示食品)
一日当たりの摂取目安量 お食事の際に 1 本(500ml)、1 日 1 回を目安に お飲みください。
一日当たりの摂取目安量 当たりの機能性関与成分 の含有量 機能性関与成分名:難消化性デキストリン 含有量:(食物繊維として)5g
想定する主な対象者 ■脂肪の多い食事を摂りがちな方 ■食後の血糖値が気になる方 ■おなかの調子をすっきり整えたい方
届出日 2015年04月12日
販売開始日 2015年06月23日
安全性の評価方法 喫食実績による食経験、既存情報を用いた評価
機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
摂取する上での注意事項 飲みすぎ、あるいは体質・体調により、おなかがゆるくなる可能性がある。
消費者庁(届け出詳細内容)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加