更年期の先輩!?母に教わった更年期乗り切りレシピはほんのり甘くて優しい味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

血圧対策レシピにりんごのはちみつ漬け

ついに私も・・・ そんな時、母が教えてくれた対策レシピ

身体や精神に不調をきたしてしまう更年期。誰にも訪れるこうした更年期をどう乗り切るかは、今も昔も多くの人が悩んでいる問題です。身体がだるくて物事に集中できなかったり、ついイライラして人や物に当たってしまったりするなんて経験がある方も多いでしょう。そんな更年期に「これを食べとけば大丈夫!」と祖母に勧められたのはりんごの蜂蜜漬けです。

作るの簡単!これさえあれば医者要らず!?

瓶の中にりんごと蜂蜜と生姜を入れ、漬け込むだけで完成するこのりんごの蜂蜜漬けは、優しい甘みの保存食です。そのまま食べてもいいですし、お茶にいれて飲んでもOK。喉に優しいため、風邪の時にもぴったりです。

りんごはポリフェノールが豊富で「医者要らず」という別名があるほど、健康に良い食べ物として昔から知られています。それを古来は薬としても利用されてきた蜂蜜と、漢方の生姜と合わせて作っているのですから、優秀な健康食なのは間違いないです。

なんでも、これを毎日少しずつ食べておくと冷え性も改善できるし、むくみも取れて良いとか。更年期に悪くなりがちな血流を良くし、乱れたホルモンバランスを整えるには確かに効果的かもしれません。経験から導き出されたこのりんごの蜂蜜漬けですが、医学的な観点からも理に叶っている部分も多そうです。

民間療法の中には間違った知識もありますが、中には昔の人が経験から導いた効果的な知識も含まれていることがあります。病気を治すのならばまず薬!と西洋医学的に考えてしまいがちな現代ですが、こうした民間療法にも目を向けて併用してみると、辛い更年期の症状をより軽減していくことができるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加