貧血対策や血流を助ける大切なミネラル「鉄」。さらに美肌を助ける役目も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

鉄とは

ひじき
鉄は体内に約3グラムあるといわれており、その60~70%の鉄は、赤血球ヘモグロビン中にヘム鉄として存在して、酸素を全身の細胞に運ぶ重要な働きをしています。

肝臓や脾臓、骨髄などにフェリチンやヘモシデリンとして20~30%貯蔵されており、赤血球の鉄が足りなくなるとこの貯蔵鉄が使われます。

鉄の効果・効能

まずは貧血対策に鉄が大変重要なのは誰もが知っていますし、血流対策にも重要です。そして運動時にも効果的な役割を果たします。運動時は、通常時よりも多くの酸素を必要としますが、鉄を摂取することによって、運動時の乳酸の上昇を抑制する働きも報告されており、鉄が運動疲労の回復や持久力維持に役立つと期待されています。
また、美肌対策に良いといわれているコラーゲン。そのコラーゲンを作り出すのに必要なのが、たんぱく質とビタミンC、そして鉄なのです。
もうこれは積極的に摂っていきたいですね。

鉄はこんな方におすすめ

貧血気味の方はもちろん、月経中の女性、また動脈硬化や骨粗しょう症、慢性関節リウマチなどを予防したい方。
スポーツなど汗をよくかく方など。

鉄の多い食材

ひじきやきくらげなど海藻類は特に多く含まれており、ほうれん草はポパイでも有名ですね。そしてレバーや魚、大豆などには優良な鉄分が多く含まれています。

しかし鉄は過剰に摂り過ぎても良くないミネラルで、食事からの鉄分はいくら摂っても問題ありませんが、サプリメントなどから多く摂りすぎるのは「鉄過剰症」などにもなるので注意しましょう。ただし足りない分を補うには、サプリメントを積極的に活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加