鉄の働きを助け、血液や骨、筋肉、肝臓に含まれる不可欠なミネラル「銅」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

銅とは

10円硬貨
銅といえば銅メダルや10円硬貨に使われている素材として有名ですね。
その銅は、体内に80ミリグラムほど存在し、その約半分が骨や筋肉に、1割が肝臓中に存在している微量必須ミネラルです。

銅の効果・効能

赤血球中のヘモグロビンという赤い色素は鉄を成分としていますが、銅はこのヘモグロビンをつくるため鉄を必要な場所に運ぶ役割をしています。
このため鉄が十分にあっても銅がなければ、赤血球はうまくつくれないため貧血になってしまいます。

また、血管や骨の生成には欠かせず、さらに抗菌作用や消臭効果があることでも知られています。

銅はこんな方におすすめ

鉄と同様に貧血気味の方や動脈硬化が気になる方、髪やお肌を気にしている方など。
また骨の生成にも欠かせませんので、成長期の子供の摂取もおすすめです。

銅の多い食材

銅は多くの食材に含まれますが、特にカキやイカ、タコなどの魚介類、レバー、そしてナッツや大豆などの豆類などにも多く含まれています。
栄養バランスの良い食事をすることで、銅は自然と必要量が摂取できるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加