なんだかスッキリ見えないなぁ。コントラストの改善や加齢黄斑変性には「ルテイン」が有効。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ルテインとは

マリーゴールド
ルテインはカロテノイドの一種で、目に多く存在しています。このルテインは加齢とともに徐々に減少してしまいます。ただし体内で合成できない栄養素でもあります。

目の老化が進んだり、目を酷使するとスッキリ・クッキリ見えなかったりしますね。また、白内症や欧米では失明の原因として知られる加齢黄斑変性という目の病気など、40代にもなるとそのような目の悩みが増えてきますね。

そのような目の対策には「ルテイン」が効果的と言われています。
また、目に良い食物といえばブルーベリーを思い出す人も多いとは思いますが、ブルーベリーともに紹介されることが多いのがルテインでもあるのです。

ルテインの効果・効能

ルテインには抗酸化作用があるので、先に挙げました加齢黄班変性の予防に有効と言われており、サプリメントなどの機能性表示食品ではコントラスト感度の改善に役立つと言われています。

テレビや携帯電話、パソコンのモニターなどから発せられる有害なブルーライトや紫外線を吸収したりと、目を守る働きもしているので、ルテインは年齢に関係なく常に積極的に摂っていきたい成分ですね。

ルテインはこんな方におすすめ

スッキリ、クッキリ見えないなどコントラスト感度を改善したい方や白内症など、加齢による目の悩みのある方。またテレビやパソコンなどをよく使う方にもおすすめです。

さらに美肌効果があるという報告もあるので、目の悩みがない方にもおすすめです。

ルテインの多い食材

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれ、ケールやほうれん草、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ、卵黄などに多く含まれています。
マリーゴールドという花に特に多く含まれていることが有名で、ルテインのサプリメントの減量として有名です。

ルテインを安定的に摂取するには、やはりサプリメントで摂取するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加