神の草!1株食べると、1日長く生きられる!沖縄野草の王様「長命草」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

長命草とは

長命草
出典:okinawakouso.com

「長命草(ちょうめいそう)」は、和名を「ボタンボウフウ(牡丹防風)」と呼ばれ、沖縄を代表する健康野草として注目されています。「サクナ」や「チョーミーグサ」と呼ぶ地方もあるそうです。
クローバーのように3つの葉を持ち、7〜8月に白い小花が円上に集まった花を咲かせます。

原産地は沖縄県で、断崖絶壁に青々と葉を茂らせ、強い紫外線と潮風を浴びても力強く育つ多年草の植物で、八重山諸島では、神様に捧げられてきた神秘の野草でもあり、「1株食べると、1日長く生きられる」と伝えられています。

長命草の栄養成分

抗酸化ビタミンのビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを始め、ビタミンB2、βーカロテンやミネラル、カルシウムなども豊富に含まれ、ルチンやクロロゲン酸、ビスナジンなどのポリフェノールもバランスよく含まれています。
また、β-カロテンは赤ピーマンの3.4倍、鉄分は、ほうれん草の7.3倍。ビタミンB6は637倍も含まれています。(日本食品標準成分表2010)

長命草の効果

長命草の効果
出典:wakasanohimitsu.jp

喘息や神経痛、風邪による熱、動脈硬化、高血圧、抗酸化作用、整腸作用、疲労回復効果があるといわれています。
また、ポリフェノールやビタミンも大変豊富で、その抗酸化作用により美容にも効果が期待できます。

近年の研究では長命草に含まれるイソサミジンの利尿作用が注目され、前立腺肥大の症状をやわらげる効果が期待されております。
さらに血流促進してくれるビスナジンも含まれているため、代謝が高まり、ダイエットの脂肪燃焼の効果も期待できます。

こうのように長命草は、健康、美容、ダイエットなど、様々な面で大きな効果が期待できます。

長命草の食べ方

長命草料理(白和え)
出典:ameblo.jp/rias-ishigaki/(Rias 石垣島 はっちゃん)

長命草は野草ならではの香りと苦味があるため、主に新芽や柔らかい部分の葉を食べると良いでしょう。
葉を千切りにし、刺身のつまなどにして食べることができるので、魚中毒の予防に良いと言われています。
一般の野菜のように塩茹でにしたり、和え物や炒め物、煮物、スープなど、いろいろな料理に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加