ダイエッターの強い味方!ギムネマって?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

gimunema

ダイエッターなら知ってて当然?!ギムネマって・・・?

ダイエットサプリによく登場する「ギムネマ」という成分。様々なダイエットサプリに入っているから、きっと効果的なんだよね・・・とは思っていても、具体的にはどういったものなのでしょうか?

ギムネマとは、インド原産の薬草でインド南部やインドネシア、アフリカなどの熱帯から亜熱帯地方にかけて広く自生するカガイモ科の植物です。

ギムネマの主成分、ギムネマ酸には糖分の吸収を抑制する作用があります。よって、小腸でブドウ糖が吸収されません。小腸からブドウ糖が吸収されないと、食後の急激な血糖値上昇を抑えるなど、血糖コントロールにも有効です。また、血糖値が上がらなければ、インスリンの分泌は減ります。インスリンは脂肪を作って蓄える働きがありますが、ギムネマ酸がこの働きを抑制してくれるのでダイエットにも役立ちます。

また、ギムネマ酸の効果として面白いのが、甘さを感じる細胞と甘味物質の結合を阻害するので甘味を感じなくなるという点です。砂糖などを口に入れても、甘味を感じず、ジャリジャリという食感だけ感じるようです。ダイエットの天敵、スイーツも、ギムネマ酸で撃退できそうですね。

いつ?どうやって?摂取するべき??

ギムネマは糖質の吸収をおさせるので、食事の前に摂取しましょう。ただ、万が一忘れてしまった場合でも大丈夫。食後30分以内なら、まだ糖質の吸収をおさえる作用が働くとされていますので、急いで摂取しましょう。

摂取の方法としては、「お茶」「粉末」「サプリメント」があります。
お茶や粉末は苦味があるので、お茶であれば他のお茶とブレンドしたり、粉末であればオブラートに包むなどして飲んでください。
サプリメントは手軽で持ち運びも出来るので便利だと思います。ただ、甘味を感じなくなる効果は体感できないので、用途・場所などに合せて使い分けても良さそうです。

気になる副作用は・・・?!

1つは、鉄分の吸収阻害です。鉄分は人間にとって重要な栄養素です。ギムネマを摂取している期間は、積極的に鉄分を補給することもお忘れなく。なお、貧血症や妊婦さんはギムネマの摂取は控えたほうが良いでしょう。
また、ブドウ糖の吸収を阻害してしまうので、血圧降下剤を服用している方は、低血糖に陥る可能性があります。医師や専門家に相談してからの摂取をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加